財団法人 鳥取市社会教育事業団

鳥取文芸 作品募集

『鳥取文芸』は、ひろく市民に文芸作品を発表する場を提供する雑誌です。文芸を楽しみ、言葉を大切に思う市民のために、毎年、12月上旬頃に発行しています。日常生活や自然の中から得た感動やよろこび、旅や交友、夢や研究など、題材は自由。これらを歌や句やエッセーなどにまとめて、下記応募要項をお読みの上ご応募ください。

応募方法

原稿がご用意できたら、いずれかの方法でご応募ください。

下記応募フォームよりご応募いただけます。必要事項をご記入の上、作品データを添付して送信してください。

Web応募フォームに進む

氏名(ふりがな)、住所、電話番号などのご連絡先をご記入の上、作品を同封してお送りください。※短歌・俳句・川柳は官製はがきの表に住所・氏名(ふりがな)・電話番号、裏面に作品を記入し投函ください。 〒680-0841 鳥取市吉方温泉3丁目701
鳥取市文化センター内 一般財団法人 鳥取市社会教育事業団 事務局

募集要項

応募規定 ● 一般の部
  • 小説…1編 400字×30枚以内
  • 評論…1編 400字×30枚以内
  • 戯曲・脚本…1編 400字×50枚以内
  • エッセー…1編 400字×5枚以内
  • 詩…1編 400字×3枚以内
  • 短歌…(官製はがきに※)5首
  • 俳句…(   同   )5句
  • 川柳…(   同   )5句
  • ※表に住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入、裏面に作品を5首(句)
● 小学生の部/中学生の部 ● 高校生の部
  • 小説…1編 400字×30枚以内
  • 評論…1編 400字×30枚以内
  • 戯曲・脚本…1編 400字×50枚以内
  • エッセー…1編 400字×5枚以内
  • 詩…1編 400字×3枚以内
  • 短歌…2首
  • 俳句…2句
  • 川柳…2句
  • 短歌・俳句・川柳は、所定の用紙がございます。(はがき大の用紙も可)
    こちらからダウンロードしてご利用ください。(Excel形式:20KB)
  • ※応募は「一人一部門」(特集は別扱い)、作品は未発表のものに限ります。
  • ※ワープロ原稿の場合は、400字を1枚と換算します。(応募枚数を守ってください。)
  • ※ペンネーム使用の場合は、必ず本名も明記してください。
  • ※コピーをとるため、黒ボールペンか濃い鉛筆でお書きください。
  • ※応募原稿は、原則として返却しません。
  • ※メールでの応募もできます。(E-mail:myqyy947@ybb.ne.jp)
  • ※住所・氏名(ふりがな)・電話番号を必ず記入してください。
応募資格 鳥取市内はもちろん、鳥取県内に在住もしくは鳥取市にゆかりのある人たち。
一般の部・小学生の部・中学生の部・高校生の部の4部とします。
応募締切 2020年(令和2年)7月31日(金)消印有効
入賞作品について
  • ・入賞者には、審査後1週間以内に文書で通知し、新日本海新聞にも発表します。
  • ・入賞/入選作品は、『鳥取文芸』第42号に掲載します。
  • ・『鳥取文芸』の表紙画家からの色紙を、希望者(投稿者)の中から抽選で進呈いたします。作品応募時に事務局までお申し込みください。
審査員
  • ・小説………新 光江、足立 悦男
  • ・評論………角秋 勝治、西尾 雄二
  • ・戯曲・脚本………松本 健一、五島 朋子
  • ・エッセー………手皮 小四郎、山本 薫里
  • ・詩………花房 睦子、滝本 勤
  • ・短歌………山本 憲二郎、西尾 憲治
  • ・俳句………白岩 敏秀、石山 ヨシエ
  • ・川柳………牧野 芳光、前田 楓花
表彰式 12月6日(日)白兎会館
  • ※原則として、応募原稿は返却いたしません。
  • ※個人情報は、応募者への連絡などに使用致します。外部に提供することは一切ありません。
◎第42号「鳥取文芸」募集案内(PDF:339KB)
特集ページの応募も同時募集!! 特集ページの応募も同時募集!! テーマ|ごっつぉ鳥取、今むかし

鳥取文芸42号では「ごっつぉ鳥取、今むかし」を特集します。食が人を作り、食が風土を醸成します。鳥取の人たちはこれまで何を食べて、何を考えてきたのでしょうか。鳥取に旨いものはアリやナシや。“食の都”鳥取のルーツを探ります。
あなたの意見も募集します。私の心と体を育んできた、鳥取のくらしと食。その思いを綴りご応募ください。選考の上、数編を掲載する予定です。
○題名・氏名・連絡先・電話番号を明記の上、本文1,700字以内(厳守)
【テーマ例】私を育ててくれた食事 私の中のかけがえのないごはん 誰も知らない私だけの味 驚き・感動!鳥取の食 食にまつわる失敗談 など