財団法人 鳥取市社会教育事業団

お知らせ

鳥取文芸第45号表彰式を開催しました

2023.12.13 更新

去る123日(日)、鳥取市文化ホールおよび文化センターにて、『鳥取文芸第45号』市民文芸の表彰式と文芸懇談会を開催いたしました。特に今回は表彰式の会場を新たに文化ホールに定め、コロナ禍による人数制限・時間制限のない日程で、盛大に実施いたしました。

午前の部では小中高校生の入賞者と学校賞の授与を行いました。72名の受賞者に、鳥取市教育委員会尾室高志教育長および一般財団法人鳥取市社会教育事業団住川英明理事長より、表彰状と賞品が授与されました。その後、尾室教育長からのお祝いの言葉、小中高それぞれの代表者の受賞の喜びのメッセージが続き、最後に審査員より選評が述べられ、午前の部をしめくくりました。会場には保護者、審査員、役員の皆様も多数集い、受賞者を讃えました。

午後は、一般の部の表彰式を行いました。36名の受賞者へ、鳥取市企画推進部塩谷範夫部長および住川英明理事長より、表彰状と賞品が授与されました。市長より祝辞をいただき、審査員代表の講評に続いて編集委員代表からは今号の特徴についての解説がありました。

午後3時からは、会場を文化センター各会議室に移し、応募分野ごとに分かれて、審査員と受賞者の懇談会を持ちました。受賞作品についての感想の交換、日頃の創作の苦労や喜び、壁に行き当たった際の打開のヒントやアイデア、日頃の創作の心がけ、姿勢などについて、和やかで熱い話し合いが行われ、充実した懇談会になりました。

『鳥取文芸第45号』は、特に「特集」のテーマが報道各社によって繰り返し紹介され、県民の注目度が高く、すでに在庫が僅少となっています。お早めのお求めを。