財団法人 鳥取市社会教育事業団

郷土シリーズ

後世にまで伝えたいふるさと・鳥取の歴史・文化・自然などについて編さんされた書籍です。これまでに40タイトル発表されています。

郷土シリーズ一覧はこちら>>

郷土シリーズ40

■ 郷土シリーズ40 はるかな鳥取 〜大正・昭和初期の記憶遺産〜

長年に渡り鳥取の街並みを描き続けてきた濵﨑道人さんの絵画作品を収録。作品はいずれも、なんと濵﨑さんが記憶を手掛かりに描き上げたものばかりです。約90年前の、活気とともに大きな変化の時代にあった鳥取の街並みをご覧ください。(濵﨑道人 作画 吉田幹男 著・2015年3月 発行)

定価 2,000円(内税)

郷土シリーズ39

■ 郷土シリーズ39 青谷の骨の物語

人骨・動物骨の研究に携わる井上貴央鳥取大学医学部教授による、青谷上寺地遺跡から発掘された骨に関する考察。骨から見えてくる“歴史の輪郭”を、カラー写真をふんだんに盛り込んで解き明かしています。(井上貴央 著・2009年3月 発行)

定価 1,500円(内税)

郷土シリーズ38

■ 郷土シリーズ38 新鳥取百景

『鳥取文芸』第17号 特集“鳥取百景”を基に、後世にまで伝えたい“鳥取の素晴らしい景色・百選”を編纂しました。百選の項目はそれぞれ、異なる執筆者によるもので、とても読み応えのある内容となっています。(2002年6月 発行)

定価 2,200円(内税)

郷土シリーズ37

■ 郷土シリーズ37 鳥取砂丘ものがたり

鳥取市の“顔”とも言える砂丘について、長年研究をしてこられた3名の先生による執筆。砂丘の歴史(地質構造等)、周辺の開発…言い伝え等、様々な角度から鳥取砂丘を見ることができます。(田中寅夫・星見清晴・松田晃幸 著・1994年8月 発行)

定価 1,000円(内税)

郷土シリーズ36

■ 郷土シリーズ36 鳥取の災害 —水害—

大正・昭和期の鳥取市は非常に多くの水害に見舞われ、水害と共に歩んできた歴史と称しても過言ではありません。その歴史を、多くの資料・写真を盛り込んで解り易く解説しています。(芦村登志雄 著・1992年7月 発行)

定価 1,500円(内税)